おたつースポンサー募集
スポンサーリンク

【平和島】「餅甚」創業300年の和菓子屋。ふわとろ あべ川餅で価値観が変わる!?

5.0
グルメ
スポンサーリンク

餅甚とは

旧東海道沿いにある、享保元年(1715年)創業の老舗和菓子屋さんです。

創業300年以上!由緒正しき老舗ですね。

あべ川餅が有名ですが、他にもおこわや柏餅、みたらし団子などを置いていて、あの丸山桂里奈さんも行きつけだと公言するほどおいしいお餅を扱っていらっしゃいます。

この投稿をInstagramで見る

丸山桂里奈(@karinamaruyama)がシェアした投稿

丸山さん、かなりヘビーユーザーのようですね。

アクセス

京浜急行 平和島駅から徒歩5分

京急バス 大森警察署から徒歩6分


大森警察署で降りて、バス停を背に左へ直進します。

信号を渡って、茶色の石畳の路地へ入りましょう。

赤い小さな橋をわたって、右手にセブンイレブンさんが見えたらもうすこしです。

左手に「餅甚」さんがあります。

※4月20日現在は営業時間を短縮していますので、お店に行く前に電話で確認したほうがいいかもしれません。

内観/座席

名物のあべ川餅やおはぎ、お饅頭やお団子など豊富なラインナップです。

あべ川餅は18個、24個、30個、36個、50個から選べます。


こちらはお持たせにもよさそうな草餅やすあまが並んでいます。

さくら葛餅やよもぎ葛餅は期間限定でしょうか、こちらも気になりますね。

お赤飯やおこわは、パックに入っているようです。

私の前にいらしたマダムが山菜おこわを購入していらっしゃいました。

ここに無くても、店員さんに声をかけると在庫がある可能性もあるので、諦めずに尋ねてみるといいですね。

名物 あべ川餅を購入!

今回はあべ川餅18個入り(700円)を購入しました。

消費期限は3日、できれば当日にお召し上がりくださいとのことだったので、帰ってすぐいただくことに。

小ぶりなお餅と、黒蜜ときなこが箱の中にきれいに収まっています。

か、かわいい…白くてふわふわのお餅…めっちゃかわいい…

付属の紙に「黒蜜をかけてからきな粉をかけてください」と書かれてあったので、その通りにしてみます。

黒蜜ときな粉が多めに入ってて、お餅にたっぷり絡めて食べても余るくらいでした。


お箸で持てないくらい柔らかく、急遽スプーンでいただきました。

ふわふわでとろとろなのに歯ごたえがあって、甘すぎない黒蜜と香ばしいきな粉が絶妙でたまらなくおいしかったです…

 

これはリピートしたくなりますね。

次はみたらし団子に挑戦したいと思います。

お会計イメージ

注文したあと、カウンター越しに支払います。

お支払いは現金のみの取り扱いだそうです。

まとめ

創業300年以上の老舗和菓子屋さんの看板は伊達ではなく、食べたひとを虜にする、シンプルながらも奥深い職人の技が光るお餅でした。

 

すこし路地に入りますが、商店街ですし、駅からもバス停からも道自体はほぼまっすぐなので、迷わず行けると思います。

 

おいしい和菓子を求めていらっしゃる方は、ぜひお立ち寄りくださいませ。

餅甚 店舗概要(地図・営業時間など)

店名餅甚
住所京都大田区大森東1-4-3
地図
アクセス平和島駅より徒歩5分

平和島駅から342m

電話番号03-3761-6196
定休日火曜日
営業時間8:30〜19:00
座席数テイクアウトのみ
公式サイトhttps://www.wagashi.or.jp/tokyo_link/shop/1915.htm

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

「吉田屋製菓店」創業100年以上の老舗和菓子店!名物豆大福はしっとり柔らかで絶品!

 

コメント

スポンサーリンク