★掲載希望はこちら★

【大田区】2022年2月14日に『西蒲田横丁』が閉店するみたい!大衆酒場難民のために、蒲田のおすすめの居酒屋をご紹介!

開店/閉店
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【大田区】2022年2月14日に『西蒲田横丁』が閉店するみたい!大衆酒場難民のために、蒲田のおすすめの居酒屋をご紹介!

 

2022年2月14日に西蒲田横丁が閉店するみたい!

 

地図はこちら↓

住所は、東京都大田区西蒲田7-67-10 和昌ビル です。

 

大変悲しいニュースが入ってきました。2022年2月14日(月)をもって、西蒲田横丁が閉店するようです。

 

西蒲田横丁といえば、昭和の雰囲気漂う外観と良心的な価格設定が特徴の横丁形式の大衆居酒屋です。

夜になって暖色系の提灯が並ぶ外観は、どこか懐かしい気分にしてくれました。

店内には異なるお料理を扱うお店が6店舗ほど入居していて、どのお店に入店しても他のお店のお料理を注文できる形式です。

筆者が以前訪問した際は、焼き鳥・おでん・海鮮・沖縄料理・餃子などの専門店があって、どのお店に入るか悩んでしまいました。

昔なつかしの横丁を1つのビルの中で再現している面白いお店で、ちょくちょくテレビや雑誌などのメディアにも登場していたようです。

さて、そんな西蒲田横丁ですが、お店があるのは東京都大田区西蒲田7-67-10 和昌ビルです。

JR蒲田駅の西口を出て徒歩約1分の好立地で、有名なバーボンロードへと繋がる「くいだおれ横丁」という通りに面しています。

周辺は飲み屋街なので、居酒屋をはじめラーメン店やおでん屋など、飲食店が密集しています。

この通りにあるお店は休業から復活しなかったり、閉店したりでコロナ禍の影響を大きく受けてしまっているみたいです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

蒲田駅西口エリアの西蒲田横丁のような大衆居酒屋はここ!

残念ながら、西蒲田横丁は2022年2月14日をもって閉店する予定です。

西蒲田横丁のようなにぎやかな大衆居酒屋が好きな人は、今後どこに行けばいいのか困ってしまいますよね。

そんな居酒屋難民に向けて、お酒を楽しめるお店5選を編集部がピックアップしてみましたので参考にしてみてくださいね。

①博多屋台市場

東京都大田区西蒲田7-5-6 FDI蒲田西口ビル 3F

西蒲田横丁に近いで、1つのフロアに6つのお店が屋台形式で出店しています。西蒲田横丁が好きな人にとっては大本命かもしれません。とんこつラーメン、炭火焼鳥、鉄鍋餃子、水炊き、漁師料理が選べて、フロアのどの席からでも好きな屋台のお料理を注文可能です。

 

②蒲田大酒場

東京都大田区蒲田5-40-1 法人ビル

24時間営業の大衆居酒屋です。お料理の種類が多くてびっくりすること間違いなし。さらに、チャーハン329円(税込)、中ジョッキ329円(税込)をはじめ、良心的な価格設定なところが嬉しいポイントです。

 

③蒲田串焼家 昭和横丁

東京都大田区西蒲田7-46-3 鈴勝ビル1F

蒲田駅西口から徒歩約1分の好立地にある居酒屋さんです。

西蒲田横丁に昭和ロマンを求めていた人にはぜひともオススメしたい!

懐かしさを感じる看板、昭和時代の映画ポスター、テーブルの剥げ、見切り材の汚し加工など、細部までこだわっている店内は必見です。

男女ともにおすすめで、ここならエモい写真が撮れることでしょう。

 

④呑兵衛 蒲田西口店

東京都大田区西蒲田7-69-1

蒲田西口の高架下にあるお店です。西蒲田横丁からは徒歩1分も掛からない距離にあります。味と質のバランスが良くて、口コミサイトでの店員さんのサービスも高評価です。チェーン店ではありますが、10年以上続いている実力店です。

 

⑤酔っ手羽 蒲田店

東京都大田区西蒲田7-3-3 醍醐ビル 8F

蒲田駅西口のドン・キホーテがあるビルの8Fです。

曜日ごとに日替わりでイベントを開催しています。

例えば、土曜日は生ビールがおひとり様1杯まで無料になるなど、頻繁に通いたくなる魅力があります。

 

西蒲田横丁 閉店概要

店名:西蒲田横丁

住所:東京都大田区西蒲田7-67-10 和昌ビル

地図:

アクセス:JR蒲田駅、東急蒲田駅から徒歩およそ1分

閉店予定日:2022年2月14日(月)予定

★━━━━━━━━━━━━━━━━━★
*.。情報提供おまちしてます!*.。

★━━━━━━━━━━━━━━━━━★

●おたつー。公式インスタグラムはこちら。
●おたつー。公式フェイスブックはこちら。
●おたつー。Twitterはこちら。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
開店/閉店
↓↓LINEで最新情報をゲット!↓↓
友だち追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク
八兵衛をフォローする

『おたつー。』の編集長。生まれも育ちも大田区。

八兵衛をフォローする
大森・蒲田つーしん

コメント