おたつースポンサー募集
スポンサーリンク

【梅屋敷】「仙六屋」甘味処の名店 福田屋の味が復活⁉お洒落カフェに突撃!

5.0
カフェ
スポンサーリンク

仙六屋(せんろくや)とは

2019年4月1日にオープンしたカフェ 兼 飲食可能なコワーキングスペースです。

世代を越えて大森東で愛されてきた甘味処「福田屋(ふくだや)」直伝のクリームモナカ(最中)と、お店で漬けた自家製無農薬レモネードが看板商品です。

福田屋はテレビ朝日「夜の巷を徘徊する」のかき氷特集で「マツコ・デラックス」さんも訪れ、昔ながらのシンプルで絶妙な味わいに感動していた様子でした。

アクセス

京急梅屋敷駅から、大森町駅方面へ高架下を歩いて約1分です。

(OKというスーパーの少し手前にあります)

京急高架下KOCA(コーカ)のなかの一店舗です。

京急高架下KOCA(コーカ)のなかの一店舗

大森町駅からいらっしゃるときは、お店の名前が書かれた旗があるので、分かりやすいやもしれません。

看板

おいしそうな写真付きの看板が目印です。

内観/座席

広々とした店内は席同士の間も広く、ゆったりとして居心地のいい空間になっています。

座席

手前と奥の2つに分かれていて、手前は16席、奥は10席あります。

子連れでもゆっくりできるよう、靴を脱いで上がれる座敷も用意されていました。

お洒落な座席やテーブル

スペースの手前と奥の間にお手洗いがあります。

 

こちらは座敷です。

テーブルも広いので、ママ友とのランチや、ミーティングなどにもつかえそうです。

座敷席

座敷席(くつろいじゃいそう)

料理/ドリンク

チキンカレーや仙六屋ドッグなどのオリジナルランチ、自家製ティラミス、「福田屋」さんのアイスクリームを使ったフロートなど、随所にこだわりが見えるメニュー展開です。

通りに面した窓から注文して、テイクアウトもできるそうです。

ランチもリーズナブルなので気軽に立ち寄れますね。

ドリンクはLとRから選べます。

カウンターには、看板メニューの1つである自家製無農薬レモネードがありました。

 

レモネードも気になりましたが、今回は「福田屋」さん直伝のクリームモナカをテイクアウトで注文しました。

(こちらは家に帰ってから撮った写真です)

お店の名前がプリントされた紙袋に入れていただきました。


小ぶりながら、かなりずっしりしています。

すこし時間が経ってしまいましたが、アイスは溶けず、最中もぱりぱりのままでした。

中はクリームたっぷりです!

 

濃厚バニラアイスというよりもアイスクリンに似た、どこか懐かしい、さっぱりとしたクリームが入っています。

結構ボリュームがありましたが、飽きることなく食べ進められました。

 

この味が、代々受け継がれてきたのですね。

お会計イメージ

現金の他に、電子マネー各種(PayPay / d払い / LINE Pay / Quick Pay等)と

クレジットカードから選べます。

交通系ICカードは対応していないとのことでした。

まとめ

こちらのオーナーさんは、地元の和菓子屋「福田屋」さんのご主人が、ご高齢のためお店を畳むことになったときに「この味を受け継ぎたい」と思い「仙六屋」さんを開いたそうです。

 

近くに工場を建てて、そこで受け継いだ最中を作り、現在「仙六屋」さんで販売されています。

カフェでひと息つくときにいただくのはもちろん、手土産にもちょうどいいサイズですね。

 

これからもたくさんの方に愛されてほしい、素朴でやさしい甘さのクリームモナカでした。

仙六屋 店舗概要(地図・営業時間など)

店名仙六屋
住所東京都大田区大森西6-16-18
地図
アクセス梅屋敷駅から徒歩1分
電話番号03-6404-6907
定休日月曜日
営業時間11:00-18:00 (ランチ11:30-14:30)
座席数手前16席、奥10席(座敷あり)
公式サイトhttp://senrokuya.jp/

 

 

スポンサーリンク
カフェ グルメ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Lillyをフォローする
大森・蒲田つーしん

コメント

スポンサーリンク