★掲載希望はこちら★

ステーキ好きに朗報!「沖縄やっぱりステーキ」が大田区蒲田に登場しました!

グルメ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

沖縄のステーキチェーン「沖縄やっぱりステーキ」蒲田店が、2021年2月11日(木)にオープンしました。東京では吉祥寺店に続く2号店になります。

場所は、京急蒲田駅とJR蒲田駅の中間あたりになります。

 

ステーキ好きの筆者も「沖縄やっぱりステーキ」が食べたくなり早速行ってきました。

お昼時は避け14時頃にお店に行きましたがやはり並んでいました。

しかし、回転がはやく30分も待たないでお店に入ることができました。お店に入って右側に券売機があります。チケットを購入し、消毒をしたら席に案内してもらえます。

店の中央に大きな円になるようにカウンター席が14席あり、カウンター席の外側にテーブル席が24席あります。

隣の席との間には、ちゃんと透明な仕切板がありましたので食事中も安心です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ではメニューですが…

  • やっぱりステーキ(ミスジ)150g      ¥1,000(税込)
  • 赤身ステーキ 200g            ¥1,000(税込)
  • イチボステーキ 150g           ¥1,000(税込)
  • ミックスカットステーキ 180g       ¥1,000(税込)
  • ヒレステーキ 100g            ¥1,000(税込)
  • サーロインステーキ 200g         ¥1,780(税込)
  • 牛肉100%ハンバーグステーキ 200g     ¥1,000(税込)

 

セットのサラダ・スープ・ご飯は食べ放題ということで嬉しいですね。

そして、お肉がもう少し食べたい!ときには、追加料金でお肉のおかわり「替え肉」を頼むことができますので、お肉好きの方はぜひ「替え肉」を試してみてください。

やっぱりステーキ(みすじ)が美味しい!

今回筆者が食べたのは、店名と同じ「やっぱりステーキ(みすじ)150g」です。

 

まず、ステーキがくる前にご飯・サラダ・スープを自分でとりにいきました。

置いてある使い捨て手袋を必ずしてからよそいます。ご飯は、白米と黒米の2種類があり、スープは、熱々の卵スープ、サラダはキャベツのせん切りとマカロニサラダです。

ご飯やサラダを食べていると、ステーキが運ばれてきました。

 

「やっぱりステーキ」の売りでもある、『富士山の溶岩石』で焼かれたステーキのあぶらが跳ねないように、ステーキの上にペーパーが楊子でとめられていました。紙エプロンをしてはいますが、あぶらが跳ねるのは気になるので嬉しい心遣いを感じます。

 

お肉は柔らかく、さっぱりとした感じでとても食べやすく、たくさん食べられそうな感じでした。

数種類のステーキ用のたれも用意されており、沖縄らしい、シークワーサーのぽんず、フルーツソースなどもあり、ステーキの味が優しい感じになりとても美味しいです。

そして、個人的に一番ステーキと相性が良いと思ったのは、ステーキ用たれの王道とも言えるにんにく醤油でした。さっぱりしたお肉に、にんにく醤油がとてもマッチし、うまく絡み合いとても美味しくいただきました。

他のステーキも食べたい!

今回は「やっぱりステーキ」をいただきましたが、次回は他のステーキも食べてみたいと思わせてもらったので、また「沖縄やっぱりステーキ 蒲田店」に足を運びたいと思います。

蒲田の方はもちろん、他の地域の方もぜひ、スタミナをつけにステーキを食べに「沖縄やっぱりステーキ蒲田店」に行ってみてはいかがでしょうか。

今のコロナ禍で、お店で食事はちょっと、という方にも、テイクアウトもありますので、お家でゆっくりステーキを食べるのも良いかもしれませんね。

店舗情報

やっぱりステーキ 蒲田店
住所 東京都大田区蒲田4-21-15 コンフォリア蒲田 1F
地図:
電話番号 03-5703-0029
営業時間/OPEN 11:00〜CLOSE 23:00(L.O/22:30)
店舗休日 年中無休

コメント